分煙機の導入で注意する事

分煙機を導入することは、職場などで喫煙をする人としない人の共存を快適にする効果が有ります。

しかし、職場の環境に併せて適切な導入を行わないと、快適になるはずの環境がかえって劣悪になったり、喫煙者のモラルが悪化する要因になることが有るので注意が必要です。

これを避けるためには分煙機の構造を理解し、職場の環境とどのようにしたいかのイメージをしっかりと描くことが重要になります。



分煙機の基本的な構造は機種により異なりますが、基本的には煙草の煙で汚れた空気を吸引し、濾過して放出するという物が主流です。

その過程で空気の対流を発生し、分煙しやすい空気の流れを作っているのです。

その為、空気の対流の中に入って喫煙することで煙草の煙が対流に乗って分煙機に吸い込まれ濾過されるようになりますが、この対流から離れたところで喫煙すると煙は対流の中に入らず、拡散されることが多くなります。

分煙機に関するお役立ち情報をご紹介しています。

その場合には、煙が十分に濾過されずに室外に放出される危険も発生します。
従って、分煙機の設置を行う際には部屋全体の空気を対流させるためにその空間に合った容量の物を選ぶことが重要です。

さらに、フィルターが汚れてくると充分な濾過ができず、煙の混じった空気を放出したり、嫌な臭いも拡散させてしまうことになるため注意が必要です。


最近では、煙と共に臭いも除去できる仕組みも発達しています。



これらの機能を総合的に導入し、環境に合わせた分煙を行うことが、効果的な分煙を行う目的でもあります。